沖 誠

MAKOTO OKI


炭化焼成の黒と直線的なラインが織りなすフォルムが凛然としたうつわです。「炭化焼成」という技法を使っている沖さんの作品は、表面がしぶい鉄のような落ち着いた雰囲気になるため、とても力強くシャープな表情を見せます。その割に重さを感じないのは、一つ一つ丁寧にバランスよく「しのぎ」という削りの技法を施しているから。料理をする人や使う人のことを熱心に考えて作られているからこそ出来上がったデザインです。そのため、スタイリッシュな沖さんの器は、男性にも女性にも人気のある作品です。

1975 静岡県静岡市生まれ
2007 伊藤東彦氏の元で陶芸を始める
2009 笠間窯業指導所入所
2010 額賀章夫氏アトリエスタッフ
2011 第51回東日本伝統工芸展入選
2012 いばらきデザインセレクション知事選定
2013 第53回東日本伝統工芸選入選
2014 第54回東日本伝統工芸選入選
2014 第2回陶美展入選
2015 ニューヨークにて展覧会出展

 The black carbonized firing process and the linearity of the design form make for a regal bowl. Oki's work, which uses the carbon firing technique, has a bold and sharp look because the surface has a subdued feel like an iron. It does not feel heavy despite its weight because the shaving technique called "shinogi" is carefully applied to each piece in a well-balanced manner. The designs result from passionate consideration for the people who cook and use them. As a result, Oki's stylish containers are popular with both men and women.

商品が見つかりませんでした